前へ
次へ

どんな建物にもソーラーパネル設置が可能か

自家発電ができれば停電時も電気が使える可能性があり、電気を買わなくなれば電気代の節約になりそうです。
ガスなどを使って自家発電をする装置もありますが、もっと手軽に家庭で発電する仕組みとして太陽光発電があります。
ソーラーパネルを設置すると、太陽光のエネルギーから電気が得られます。
太陽光パネルや電気を家庭で使えるようにする装置などは数百万円するので必ずしもお得とは限りませんが、万が一の備えやエコな取り組みをしたいなら設置を考えてもいいかも知れません。
より太陽光の当たりやすい屋根の上に設置することが多く、新築だと取り付けを考慮したものもあります。
ではどんな住宅にもソーラーパネルが設置できるかですが、実際にはソーラーパネルはかなりの重量があるのでそれに耐えられる建物である必要があります。
古い建物の中には十分な耐震性がなかったりするので、その時はまず耐震補強をしないとソーラーパネルが載せられません。
耐震補強のコストも考慮する必要があるでしょう。

Page Top