前へ
次へ

擁壁の上の建物は擁壁の様子をチェック

住宅地などは一見平らなところに住宅が建てられているように見えるかもしれません。
しかし真っ平な土地が広がるところは珍しく、山間部を開発したとこだとそれなりに坂等がありますし、河川の近くも土地の標高差が生じるところがあります。
建物は斜めの土地に建てることはないので、何らかの改良をして建物を建てられるようにしています。
斜めの土地を平らにするには人工的に砂などを入れる必要があり、さらに入れた砂を崩れないようにするために擁壁を設置することがあります。
丘陵地にある住宅地などでコンクリートで固められた壁があるでしょうがこれが擁壁になり通常は平らです。
しかし擁壁に変化が見られるときは注意が必要です。
擁壁の上にある土地に建てられている建物は土を入れた後に建物が建てられていますが、その土が動くと建物も崩れやすくなります。
通常平らな擁壁が膨らんではらみやひび割れなどがあるときは将来的に崩れる可能性があります。
擁壁を管理しているところに伝えて対処してもらう必要があるでしょう。

Page Top