前へ
次へ

土地の近くの山に生える木の種類を知っておく

日本には四季があり、1年を通して適度な雨量があります。
人が生活するだけでなく植物などの生息にもいい環境と言えるかもしれません。
今は住宅地となっているところもかつては丘陵地や山であった可能性があり、その端の方にはまだ山などが残っていることもあります。
そこには木々が生えているでしょう。
不動産を購入するとき、又は既に持っている不動産の近くに山などがあるならそこに生えている木々の種類を調べてみましょう。
木の種類として広葉樹と針葉樹があり、広葉樹は季節に応じて花が咲いたり葉が茂ったり散ったりの変化が分かりやすいです。
針葉樹は見た目はあまり変化がなく、1年を通して緑の葉などがあります。
広葉樹の特徴は根を下の方に伸ばすことで、山の斜面などに生えていても簡単には抜けません。
山を支えてくれる役割があり、土砂崩れなども起こりにくいと言えます。
針葉樹の特徴は根を横に延ばすことで、土砂崩れなどが起こりやすいとされています。
近くの山の木々の種類で、将来の土砂崩れの可能性を知ることが出来そうです。

Page Top