前へ
次へ

住宅地の真ん中がいいか端がいいか

注文住宅を建てようとするときに土地がないならまず土地探しが必要です。
不動産屋に依頼をして売地を探すこともあれば、気に入った地域を実際に歩いて売地を探すこともあるでしょう。
同じ売地でもそれが住宅地のどこにあるかによる違いがあり、安心して住めるかどうかに影響するときもあります。
住宅地の真ん中は古くから住宅地があった可能性があり、新参者は近所づきあいなどから敬遠するときもあるようです。
しかし古くから住宅地があったなら災害が起きにくいことを意味しているでしょう。
地震などに強い地盤であったり、水害などの被害も起きにくい点からするとよい土地と言えそうです。
一方住宅地の端の方は新しい家などが多く、最近建てられた家の近くなら新たに住む人にとっては良さそうに感じます。
しかし最近宅地化されたところはかつては田んぼなどの可能性があり、地盤の面では必ずしもいい土地と言えないときもあります。
選択ができるなら住宅地の中の方にある土地の方がいいでしょう。

旭区で選ばれるトイレリフォーム業者

区内トップクラスの価格でご対応
蛇口のトラブルは格安価格のスマート設備にぜひご依頼ください

利回りが良い山梨の土地を購入できるチャンス!
居住用から投資用まで使用用途の幅は無限大です。

リフォームをして山梨で節約生活
結果的に費用を安く済ませることができます

山梨で自由設計の新築住宅

Page Top