前へ
次へ

住宅地の真ん中がいいか端がいいか

注文住宅を建てようとするときに土地がないならまず土地探しが必要です。
不動産屋に依頼をして売地を探すこともあれば、気に入った地域を実際に歩いて売地を探すこともあるでしょう。
同じ売地でもそれが住宅地のどこにあるかによる違いがあり、安心して住めるかどうかに影響するときもあります。
住宅地の真ん中は古くから住宅地があった可能性があり、新参者は近所づきあいなどから敬遠するときもあるようです。
しかし古くから住宅地があったなら災害が起きにくいことを意味しているでしょう。
地震などに強い地盤であったり、水害などの被害も起きにくい点からするとよい土地と言えそうです。
一方住宅地の端の方は新しい家などが多く、最近建てられた家の近くなら新たに住む人にとっては良さそうに感じます。
しかし最近宅地化されたところはかつては田んぼなどの可能性があり、地盤の面では必ずしもいい土地と言えないときもあります。
選択ができるなら住宅地の中の方にある土地の方がいいでしょう。

八王子市で選ばれている給湯器交換業者
リビング・プラマーは値段が安いと選ばれています

あなたに最適なお家を一緒につくる
山梨の西甲府住宅は土地探しからの家づくりをサポートします

おしゃれな鉄筋コンクリート住宅を建てたいなら
欧風や円形・湾曲形住宅でスタイリッシュなデザインを施した住宅を建築します。ご依頼がこちらへ

プレハブ リース

Page Top